Kore-eda Hirokazu’s Shoplifters (Manbiki Kazoku) was tonight named Best Feature Film at the 12th Asia Pacific Screen Awards (APSA), the first time a film from Japan has won this award, the region’s highest accolade in film. Producer Hijiri Taguchi accepted the Award, a unique hand-crafted glass trophy created by Brisbane-based glass artist Joanna Bone, at the glittering APSA ceremony in Brisbane.

President of the APSA International Jury, Russian producer of 2014 APSA Best Feature Film winner Leviathan, Alexander Rodnyansky said “Shoplifters turns an intimate story about an unusual family into a metaphorical social analysis that is relevant not only for Japan, but everywhere, where we are faced with a frightening panorama of a family crisis and presented with a utopian alternative in which you can choose your relatives; where closeness becomes a conscious decision (even for children), not a predetermined fate. We have had the great fortune to be presented with a unique line up of films that represent the different countries, cultures and talents of our region. It’s a huge and very rare opportunity to learn and understand so much about other people’s lives and I have discovered new worlds by watching them.”

Winners in the feature fiction categories were determined by the APSA International Jury, comprised of Jury President Alexander Rodnyansky (Russian Federation), Nia Dinata (Indonesia), Deepak Rauniyar (Nepal), Vladimer Katcharava (Georgia) and Antonia Zegers (Chile).

Kore-eda is a long-time member of the APSA Academy, with eight nominations across four films since 2012. Previous nominations include Best Children’s Feature Film for Kiseki (2012), Best Feature Film and Achievement in Directing nominations for Like Father, Like Son (2013), Best Screenplay and directing nominations for The Third Murder (2017) and three nominations for 2018 Cannes Palme d’Or-winning Shoplifters. The film stars the late Kirin Kiki, winner of the 2015 APSA for Best Performance by an Actress for An, and is Japan’s official submission for the Oscars®.

Japanese cinematographer Hideho Urata was awarded the Achievement in Cinematography prize for A Land Imagined (Singapore, France, Netherlands). Singaporean filmmaker Yeo Siew Hua was awarded the 2018 APSA Young Cinema Award for the film, which was the Locarno Festival Golden Leopard (Best Film) winner, and was supported by the Asia Pacific Screen Lab. The APSA Young Cinema Award is presented in partnership with NETPAC (Network for the Promotion of Asia Pacific Cinema) and Griffith Film School (GFS) to recognise the emerging filmmaking talent of Asia Pacific.

Best Performance by an Actress went to Chinese star Zhao Tao for Ash is Purest White (Jiang hu er nv) (People’s Republic of China, France), accepted by the film’s Japanese producer Shozo Ichiyama.

The inaugural Best Original Score award went to the celebrated composers Hildur Guðnadóttir and the recently deceased Jóhann Jóhannsson for Mary Magdalene (Australia, UK). The winner was determined by the Music in Film International Jury comprised of Jury Chair Ryuichi Sakamoto (Japan), Sneha Khanwalkar (India) and Nigel Westlake (Australia).

Sakamoto said of the winning film “Mary Magdalene’s soundtrack is a meticulous work of art by the composers. The quality of craftsmanship and the depth of emotions are overwhelming.”

In a spread of awards representing the geographical and cultural diversity of the Asia Pacific region, APSAs went to films from Australia, India, Indonesia, Israel, Japan, Lebanon, People’s Republic of China, Republic of Korea, Russian Federation, Singapore and Turkey.

The Asia Pacific Screen Awards, the region’s highest accolade in film, honour cinematic excellence and the cultural diversity of the world’s fastest-growing film region: comprising 70 countries and areas, 4.5 billion people, and responsible for half of the world’s film output.

In 2018, 46 films from 22 countries and areas of the Asia Pacific region received APSA nominations, including the first nomination for a film from Uzbekistan.

 

12回アジア太平洋映画賞(APSA)

是枝監督の「万引き家族」が最優秀長編映画賞を受賞

オーストラリア・ブリスベン: 12回アジア太平洋映画賞(APSA)において本日、同地域の映画界で最高の栄誉とされる最優秀長編映画賞を、日本の作品としては初めて是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞しました。ブリスベンで開催された輝かしいAPSA授賞式にて、ブリスベン在住のガラス作家ジョアナ・ボーン氏が手掛けたユニークな手作りガラスのトロフィーを、プロデューサーの田口聖氏が登壇して受け取りました。

2014年APSA最優秀長編映画賞受賞作品、LeviathanのロシアのプロデューサーでAPSA国際審査員長のAlexander Rodnyansky氏は、「「万引き家族」 は、日本のみならず、そのほかの国々でも共通な課題である、家族の危機という恐ろしいパノラマに直面する様子を描写しています。事前に決定された運命ではなく、家族を自ら選択し親密な関係を意識的に決めていく(大人だけでなく子供たちにとっても)、ユートピア的な代替で表現し、親近感のある風変わりな家族の物語を隠喩的かつ社会的な分析に変えています。我々は、アジア太平洋地域の異なる国々、文化、そして人材による、独特な作品の数々に恵まれました。こうした作品は、異なる人々の暮らしを学び理解していくことのできる、極めて稀かつ大きな機会であり、私は作品の鑑賞を通じて新しい世界を覗き見ることができました。」

長編映画フィクション作品カテゴリーの受賞作品は、国際審査員長のAlexander Rodnyansky氏(ロシア連邦)をはじめ、Nia Dinata氏(インドネシア)、Deepak Rauniyar氏(ネパール)、Vladimer Katcharava氏(ジョージア)、Antonia Zegers氏(チリ)で構成されるAPSA国際審査員によって選出されました。

 

是枝監督は長年にわたるAPSAアカデミー会員で、2012年以降、4作品に及んで8回ノミネートされています。「奇跡(2012年)」で子供映画作品にノミネート、「そして父になる(2013年)」で長編映画賞および監督賞にノミネート、「3度目の殺人(2017年)」で脚本賞および監督賞にノミネートされており、2018年カンヌ映画祭パルムドール受賞作品「万引き家族」が3部門にノミネートされました。本作品には、先頃お亡くなりになった、2015年「あん」でAPSA最優秀女優賞を受賞された樹木希林氏が出演されており、また、本作品は日本からのオスカー®公式出品の作品でもあります。

日本の撮影監督、浦田秀穂氏は「A Land Imagined (シンガポール、フランス、オランダ)」で撮影賞を受賞しました。同作品では、シンガポール人の映画製作者Yeo Siew Hua氏も、2018年APSAヤングシネマ賞を受賞しました。Locarno Festival Golden Leopard (最優秀作品賞)を受賞し、またアジア太平洋スクリーン・ラボの支援も受けました。APSAヤングシネマ賞は、発展するアジア太平洋地域映画界の人材発掘の取り組みの一環として、NETPAC (アジア映画世界普及ネットワーク)およびグリフィス・フィルム・スクール(GFS)との連携で授与されました。

最優秀女優賞は「Ash is Purest White (Jiang hu er nv) (中国、フランス)」の中国の女優、チャオ・タオ(Zhao Tao)氏が受賞し、同作品の日本人プロデューサー市山尚三氏が登壇しました。

初回の最優秀音楽賞は、「Mary Magdalene(オーストラリア、英国)」の誉れ高い作曲家、Hildur Guðnadóttir氏および最近お亡くなりになったJóhann Jóhannsson氏に授与されました。受賞作品は、審査員長の坂本龍一氏(日本)、Sneha Khanwalkar氏(インド)、Nigel Westlake氏(オーストラリア)で構成される、映画音楽国際審査員によって選考されました。

「受賞作品「Mary Magdalenのサウンドトラックは作曲家たちによる綿密な芸術品です。質の高い職人技と深い感性に圧倒されます。」と坂本氏は述べました。

地理的・文化的に多様なアジア太平洋地域を反映して、オーストラリア、インド、インドネシア、イスラエル、日本、レバノン、中国、韓国、ロシア、シンガポール、トルコと、広範囲にわたる国々からの映画作品がAPSA最優秀賞を受賞しました。

審査員大賞は、「New Yorker」に掲載された村上春樹氏の短編小説Barn Burning」に基づく作品で、Burning (韓国)」のLee Joon-dongLee Chang-dongが受賞しました。

アジア太平洋映画賞(APSA)は、70の国々と地域、人口45億人、世界の映画作品の約半数が製作され世界で最も急速に発展するアジア太平洋地域の映画界で、優秀な映画作品や文化的多様性を認識・促進しています。

2018年には、初回のウズベキスタンをはじめ、アジア太平洋22の国や地域から46作品がAPSAにノミネートされました。

 

メディア向け情報

 

各部門受賞者の授賞式での動画をご利用ください: https://www.youtube.com/user/APSATV

 

舞台裏での受賞者インタビュー:https://www.youtube.com/user/APSATV

 

報道用のファイルもご利用いただけます– リンクをリクエストしてください。

 

授賞式の画像をご利用ください: https://www.dropbox.com/work/2018%20APSA%20Ceremony

 

Twitter @apscreenawards

#apsa2018

 

メディア連絡先:

[email protected]

キャシー・ガランガー(Cathy Gallagher) + 61 (0) 416 227 282

アリシア・ブレスチアニニ(Alicia Brescianini) + 61 (0) 400 225 603

Back to news

We'll keep you informed and up to date

Subscribe to our newsletter by entering your email.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.